『元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いたこれからの投資の思考法』の紹介

  • 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いたこれからの投資の思考法

元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いたこれからの投資の思考法

発売日:2018-11-15
Amazonで確認する

タグ
柴山 和久 Kindle版 1 ダイヤモンド社 2018-11-15

その他の機能
欲しい物に追加
友達に紹介する
レビューを見る
詳細をみる

管理人のレビュー

内容紹介

将来、退職金や年金に頼れない「働く現役世代」が、
世界と時間を味方につけて身を守る「資産運用2.0」とは?

財務省、マッキンゼーを経て、ウェルスナビを起業した「お金のプロ」が
「日本人」の不安や悩みを解決します!

○なるべく損をしないで、確実に資産を増やしたい人
○資産運用に興味はあっても、始めるタイミングがつかめない人
○資産運用の商品をどう選べばいいのかわからない人
○証券会社の営業マンが信じられなくなった人
○日経平均に長期投資をしても増えなかったのに、なぜ「長期・積立・分散」運用がいいのか知りたい人
○プロに運用を任せたいが、高い手数料を払えない人

海外の富裕層や機関投資家にとってスタンダードな資産運用は、「長期・積立・分散」。
ところが、なぜ日本ではその王道的手法が根づいていないのでしょうか?
そして、なぜ若い世代こそ資産運用をすべきなのでしょうか?
どのような資産運用が理想で、どうすれば実践できるのか……。

財務省、マッキンゼー、起業と一貫して「お金の仕事」に携わり、
みずからの収入や資産もジェットコースターのようにアップダウンする中で考えた
投資の思考法と具体的な手法をお伝えする1冊です

【目次】
はじめに

第1章 5つの失敗から学んだ投資の鉄則
第2章 時間と世界を味方につける資産運用とは?
第3章 日本の資産運用はガラパゴス化している
(コラム)七面鳥の罠:安定した高いリターンに安心してはいけない理由
第4章 日本人が知らなかった“正しい"資産運用
第5章 人間の脳は資産運用に向いていない
(コラム)スイスのプライベート・バンカーが明かした、富裕層の悩みごと
第6章 テクノロジーが実現する豊かな未来
第7章 お金から自由になったら何をしたいか
自由になるために実践すべき3つのこと

おわりに

Amazonのカスタマーレビュー

こんな商品も買っています。

登録したアイテム

こんなの持ってます?